トップページ > >

ご紹介系男子の健康ダイエットLIFE

ブログ運営者のMyn.(マイン)です。 【健康・トレーニング・ダイエット】に興味があり、自身も-20㎏減と-18㎏減のダイエットをやり遂げました。 【健康・トレーニング・ダイエット】関連についての考察やおすすめを紹介していきます。

ブログ運営者のMyn.(マイン)です。

【健康・トレーニング・ダイエット】に興味があり、自身も-20㎏減と-18㎏減のダイエットをやり遂げました。
【健康・トレーニング・ダイエット】関連についての考察やおすすめを紹介していきます。

1568218930536

トレーニングを始めたけど、三日坊主で終わっちゃう!


こんなこと体験したことはありませんか?

ネット・SNSには様々なダイエット・トレーニングの情報がたくさんあります。

しかも、日々増えてもいます。

トレーニングを始めるとき、それらの情報を参考にする人も多い
と思います。

ぶっちゃけ自分も参考にします!

「情報を元に始めたはいいけど続かない。じゃあ違う情報を試してみよう!」

そのような人に質問です!

情報を鵜呑みにしていませんか?
書いてあることを忠実にやるが、結果、キツすぎてやめてしまってませんか?

特に普段からトレーニングしてない人は情報を鵜呑みにしているだけでは失敗する可能性があります。


・ダイエットしたいが、普段運動はしない
・何度も失敗したことがある


今回は上記のような人に向けて、失敗しやすい「〇〇を鵜呑み」を4つ紹介していきます。


無題102



【〇〇鵜呑み4選】


①トレーニングメニューを鵜呑み

よくネットやSNSで検索すると部位別のトレーニングメニューが載っています。

多くの人がそのメニューに沿ってトレーニングするでしょう。

でもやってみるとキツすぎた、調子が悪くなってしまったなどの理由で続かない人もいます。

トレーニングメニュー自体は悪くありません。

考えなければならないことは、その人にとって、そのトレーニングメニューのレベルは最適だったのかどうかです。

人には当然、個人差があります。

他人ができても自分にはできないトレーニングはあると思います。

もちろん載っているメニューが自分のレベルに合っていれば続けられます。

現在たくさんの情報があり、初級者向けや中・上級者向けのものが混在しています。

初級者がいきなり上級者レベルのトレーニングをしてもキツくて続けることができませんよね。

なので、トレーニングメニューをそのままやるのではなくて、やるトレーニングを選ぶべきです。

例えば、

サイトAに5つトレーニングが載っており、内2つはできそうなら、その2つを続ければいいです。

また、

サイトAから2つ、サイトBから2つのように、各サイトから抜粋して組み合わせてもいいと思いますよ!


サイトに載っているトレーニングメニューはより効果がでるように作成している場合もありますが、そもそも継続できなければ何の意味も無いですからね!


トレーニング効果を考えるよりも継続することを意識して自分オリジナルのメニューを作っちゃいましょう!




②トレーニングを回数鵜呑み

検索してもらうとわかりますが、ネットやSNSで「〇〇トレーニング 30回×1セット」ってな感じで載っています。

載っている回数は、「できたらこの回数でやってね!」という意味であり、この回数やらないと全然効果ないよってことではありません。

私はそう思ってますし、そう思うべきです。特にトレーニングになれていない人は!

なので、回数を律儀に守る必要はないです。

「〇〇トレーニング 30回×1セット」と書かれても、無理なら、5回×1セットでも10回×1セットでも大丈夫です!

どうせ回数はトレーニング継続してたら増やせます。

どうせ回数はトレーニング継続してたら増やせます。

大事なことなので2回書きました。

ここテストにでます!


気づいたら物足りなくなってくるので、自然と増やそうと思えますし、実際に増やせます。

みんな欲しがりさんになっちゃうんです。




③トレーニング補助食品を鵜呑み

ここでいうトレーニング補助食品とは、サプリプロテインのことです。

簡単にいうと飲んでるだけじゃ意味はありません。

あくまでも補助食品なので、飲んでるだけで痩せたり、飲んでるだけで筋力がつくことはないです。

思いっきり楽して手に入れられるものは何一つありません。

別に飲まなくても問題はありません。

サプリやプロテインを意識するより、トレーニングに意識した方がいいです。

ただ、上級者になれば、サプリやプロテインにこだわりを持ってもいいと思いますよ。

厳しいことを言うと、普段運動しない人がこだわっても、宝の持ち腐れになります。

……


決して悪気があって言っているのではありませんので気を悪くしないでください(笑)

でも、値段もばかになりませんし、もし続けられなかったら無駄になってしまうので、最初は補助食品に頼らないでいきましょうね!




④口コミの鵜呑み

「このトレーニング簡単!誰でもできる」や「これ飲んだら痩せた」など載ってたりしますが、ぶっちゃけ全員に当てはまりません!

そもそも口コミは主観的に書かれているものなので、その人はそう思ってても、他の人はそう思わないこともありますよね。

例えば、クイズで東大の人には簡単で誰でも解ける問題と思ってても、他の人からみたら、めちゃめちゃ難しいかもしれません。

レストランを検索する時などには、口コミは有益かもしれませんが、トレーニングについては有益だとは思いません。

なので、口コミを信じてずっとやるのではなくて、自分で実際にやってみて、自分にとっては難しいと思ったら、違うことにチャレンジした方がいいです。

この人ができたなら、私にもできるはずと思うことはやめましょうね!

「他人は他人、自分は自分」精神でいきましょう!

Please after me

「他人は他人、自分は自分」

ちゃんと復唱してくれましたか?(笑)





【続ける秘訣】

まず自分がどうゆう性格なのか知ることが大事です。

最初からキツいトレーニングを続けられる人って自分を向上させることが好きってわかってると思うんですよね。

自分は、飽き性なのかどうか、意思が弱いのか強いのか、そういったことがわからないと数多くある情報に振り回されてしまいます。

なので、自分がどんな人なのか考えましょう!

自分がわかれば、情報を支配できます。支配できれば、自分にとって有益な情報を選ぶことが可能です。

自分に有益な情報を選ぶことで続けられる確率をあげることができるのです。





【まとめ】

・自分がどんな性格なのか知る
・トレーニング効果より継続できることを意識する
・「他人は他人、自分は自分」精神をもつ
・情報を鵜呑みにしない

これらのことを守れば、これからトレーニングを始める人や今まで失敗してきた人も続けられる可能性が高まります!

継続できれば成功を手にすることができます。

1人でも多く、成功を手にすることができるよう祈ってます!

では、またの機会に☆



\  あわせて読みたい記事  /





ぽちっとクリック応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


ぽちっとクリック応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

ダイエットランキング



0348a8f49caf4a866b0e23bbddd74eac_s

糖質制限ダイエットってよく聞くけど、どうやるんだろう?



と思ったことはありませんか?

テレビやら雑誌で特集が組まれることもあり、皆さんも見聞きしたことがあるのではないかと思います。

今回は、流行りでもある糖質制限ダイエットについてご紹介していきます!

無題65


【糖質制限ダイエットとは】

元々は、糖尿病患者のための食事療法(糖質の摂取量を制限し、血糖値の上昇を抑える目的)に使われていました。

基本、総カロリー摂取量に決まりがありません
※糖質を制限すると通常の食生活よりカロリーは減る傾向にあります。
糖質を制限するといっても食べ過ぎは禁物です。

糖質の摂取量を制限のみでダイエット効果を得るダイエット法です。


なぜダイエット効果があるか?

人間はエネルギーを消費する際、糖質→脂質の順に消費します。

つまり、糖質の摂取を控えることにより、脂質が消費しやすい環境になります。

当然、脂質が消費する割合が多ければ痩せる可能性が高まります





【糖質制限ダイエットのやり方】

有識者によって多少なりとも違うと思いますが、私は、「まずは糖質を通常の食生活の50%に抑え、慣れたらもっと抑える」を推奨します!
キツければ、60%からスタートでもOKです。

理由としては、2つあります。

1つ目は、いきなりキツすぎる制限を設けると挫折しやすくなるからです。
ダイエットは、「継続」しなければ意味がないということが大前提です。
なので、継続しやすいように始めるべきだと考えます。

2つ目は、食事面をいきなり変化させ過ぎるとカラダに悪影響だからです。
例えば、「無気力になる」、「ストレスによりカラダに何らかの症状が出る」などが起こる可能性があります。
通常の食生活の50%~60%程度ならば、カラダに悪影響を及ばさずに継続できると思います。

制限に慣れてきたら、40%程度に抑えていきましょう!

ただ、抑えていくのは良いですが、まったく糖質を摂らなくなることは避けてください
カラダを壊しては元の子もないので、あくまで体調優先です!

30日毎日続けるのがキツい時は、チートDAY(制限を緩める、好きなものを食べること)を1週間の内、1日設けるなどの対策をすると継続しやすいので、ご検討ください。




【おすすめ食材】

牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類
肉類加工品(ソーセージなど)
魚介類
豆、大豆加工品(豆腐など)
バター
野菜(根菜は除く)
チーズ
海藻類
こんにゃく
ナッツ
飲料類(コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶、麦茶)
調味料(醤油、塩、こしょう、酢、マヨネーズ、油類)
※調理の際、どうしても甘みを加えたい時は糖質カットなどの人工甘味料を使用

お酒飲む方は、ウイスキーや焼酎がおすすめです。
※極力飲まない方が好ましい



【糖質高めな食材】

穀類(米、パン類、麺類など)
根菜
フルーツ類(ドライフルーツ、缶詰め系、バナナ、リンゴなど)
スナック、菓子類
ジュース類(甘いコーヒー・紅茶も含む)
調味・ドレッシング(ケチャップ、ウスターソース、みりんなど)
お酒→日本酒、ビールなど


人気のタピオカドリンクも糖質が高いので気をつけてください!
※タピオカの原料はキャッサバという芋類です。つまり、根菜に分類されます。また、甘い飲み物が多いので、必然と糖質は高くなります。



☆Check!!
どうしても甘いものが食べたいときは、カカオの割合が多いチョコレートがおすすめです!

ポリフェノールが入っており、カラダに良いですし、コンビニでも比較的種類が豊富なので、手に入りやすいです。


☆Check!!
普段食べている主食の糖質は「ごはん(白米)100g/36.8g、食パン100g/44.3g、うどん100g/20.8g」です。
アプリ【ポケット糖質量】から抜粋

アプリでも、食材や料理の糖質を調べることができるので、興味ある方はダウンロードしてみてください。





【まとめ】

食材関しては、同じカテゴリーでも糖質が高めのものがあるので、しっかりと吟味していかないといけないです。

普段から料理する人であれば、糖質が低い食材を組み合わせてメニューを作れますが、料理をしない人、忙しくて料理する時間が無い人にとっては、結構キツいかなと感じます

面倒くさいと思われる人は、個人的に「カロリーを抑える」方法をおすすめします。

コンビニやスーパーの弁当などは、比較的カロリーが目に付きやすい場所に表示している場合が多く、一目でカロリーの大小がわかります。

また、カロリー摂取が抑えられれば、多少なりとも糖質も抑えられます

糖質制限ダイエットのやり方が自分に合いそうだと思う人は、ぜひ挑戦してみてください。

継続できれば、効果は出ると思います。

痩せると同時に引き締まったカラダを目指したい人は、糖質制限だけでは不十分なので、運動を併用していきましょう!

皆さんが少しでも知識を得て、理想のカラダを手に入れられるよう祈っています!

では、またの機会に☆




\  あわせて読みたい記事  /





クリック応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



クリック応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ダイエットランキング




個人情報の保護について

「http://goshokai-danshi.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトは第三者配信事業者(GoogleアドセンスA8.netAmazonアソシエイトAmazonアソシエイトafb等)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

↑このページのトップヘ