1569871343871


HMBって知ってますか?

トレーニングに詳しい人ならご存じだと思いますが、知らない人には「何のこと?」ですよね。

もしかしたら、某アイドルグループだと勘違いする人もいるかもしれませんね。

HMBは 日本でも2010年に解禁された新しいサプリメントです。

日本でも話題になり、今では商品も数多く発売されています。

海外では2010年以前からあり、もはや定番となっています。

HMBにはどんな成分が入っているのか?
なぜトレーニング効果を高めるのか?


ぜひトレーニングをする人には知ってほしい情報です。

今回は、HMBについての解説をしていきます。

同時におすすめできるサプリも7種ご紹介していきますよ。

また、ネットには「効果はない」と書かれた情報もありますので、その情報に関しての考察もしていきます。

ぜひお役に立てば嬉しいです。

この記事はこんな人におすすめです。 

・HMBを知らない人
・これからトレーニングを始める人
・トレーニング効果を上げていきたい人
・ダイエットしたい人 









HMBとは?

HMBは必須アミノ酸のロイシンという成分が体内で代謝されるときに生産される物質のことを指します。

別名「β‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸」とも呼ばれます。

日本では2010年からサプリメントとしてHMBが解禁となりました。

プロテイン、BCAAと比べると新しいサプリメントになります。

HMB図








HMBサプリ効果

・筋力増強

HMBは筋力増強に効果があります。

筋肉を作るのはタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸で構成されています。

※アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けられます。

アミノ酸の中にロイシンという成分があります。

HMBはロイシンが代謝されるときにできる成分です。

しかし、ロイシンを摂取したうち、HMBに生産されるのはたったの5%しかありません。

HMBはサプリで摂取するのが1番効率が良いです。






・筋肉の分解抑制

筋肉は常に分解合成が行われています。

分解が促進されると筋肉は低下していきます。

HMBは筋肉の分解を抑制する働きがあります。

つまり、筋肉の低下を防いでくれるのです。

そのため、合成が有利になりやすく筋肉も増強しやすい環境となります。







プロテイン、BCAAとの違い

【プロテイン】

そもそもプロテインという言葉は、タンパク質を英語表記にしたものです。

なので、プロテインは必須アミノ酸を含む、ほとんどのタンパク質が入っています。
※メーカーによって成分が異なる可能性があります。

必須アミノ酸  
・バリン
・イソロイシン
・ロイシン
・メチオニン
・リジン
・フェニルアラニン
・トリプトファン
・スレオニン
・ヒスチジン





【BCAA】

必須アミノ酸のバリン、イソロイシン、ロイシンのことを指します。

上記3つのアミノ酸に特化しています。

BCAAの効果には筋肉の増強の他に、筋肉の修復や運動時の筋肉のスタミナ維持があります。

ロイシンからHMBが生産されるのはわずか5%なので、筋トレ効果の促進には物足りないです。

運動時の筋肉のスタミナ維持の効果があるので、ランニングとの相性はバッチリです。





【HMB】

筋肉増強・筋肉の分解抑制に効果があります。

つまり、筋力UPに最も適しているといえます。

ロイシン摂取のうち、5%がHMBになります。

プロテイン、BCAAを飲んでもHMBは5%しか摂れないですが、HMBサプリは100%摂れるわけです。

かぜ薬で例えると プロテイン、BCAAは総合かぜ薬

HMBサプリは症状に特化したかぜ薬

といえるでしょう。







HMBの飲み方

・1日の摂取量

HMBの1日摂取量は3,000㎎です。

3,000って多い気がしますが、それは単位が㎎だからです。

gに置き換えると3gです。

そう考えるとそんな多く感じないですよね。

HMBを摂取する場合は3,000㎎(+100~200㎎はOK)を守ってください。

3000㎎以上飲んだら効果は上がるのかなと思う方もいるかもしれませんが、効果は上がりません。

摂取量に関してある研究で、HMBを3,000㎎摂取してウエイトトレーニングしたグループは筋肉量が増加したが、HMBを3,000㎎以上摂取してウエイトトレーニングしたグループは筋肉量が低下したという結果が確認された報告があります。

どうしてHMBの1日摂取量を増やすと筋肉量が低下するのかについて詳しくは解明できていないので、結果について個人差はあると考えます。

元がアミノ酸なので過剰摂取で副作用が出ることは考えにくいですが、筋肉量の低下を招く恐れがあることを加味すると1日摂取量はキチンと守ることをおすすめします。






・飲む回数

1日の摂取量3,000㎎を1度に摂取しても分けて摂取もどちらでも構わないです。

しかし、吸収効率の観点から考えると、数回に分けて摂取した方が効率的に良いです。

おすすめするのは3回に分ける方法です。

どのタイミングで3回飲むかは下記でご紹介します。






・飲むタイミング

飲むタイミングは1回はトレーニング後、他2回は食前(空腹時)です。

トレーニング後に摂取する理由は、筋トレで損傷した筋肉に最も効率よく成分が使われるからです。

トレーニング後の30分は筋肉のゴールデンタイムと呼ばれています。

食前(空腹時)に摂取する理由は、アミノ酸(タンパク質)の吸収率が高いからです。

食事中、食後に摂ると、食べた食材に含まれているアミノ酸(タンパク質)から消化・吸収していくので、せっかくサプリを飲んでも吸収率が悪くなってしまいます。

食前(空腹時)に飲むとサプリに含まれるアミノ酸(タンパク質)から消化・吸収するので効率が良いです。

どうしても食前(空腹時)に飲みたくなければ食後2~3時間後に飲んだ方がいいでしょう。








HMBが女性にもおすすめな理由

・カロリーが少ない

プロテインというと動物性タンパク質のホエイプロテインが一般的です。

ホエイプロテインの成分は

100gあたり大体 
ロイシン 約10g
カロリー 約350cal


になります。

ロイシンの摂取量の5%がHMBになります。

ロイシン10gだとHMBは0.5gになります。

なので、HMBを3g摂るにはロイシンを60g摂る必要があります。

ロイシン60g摂るにはプロテインを600g摂らなければいけなくなります。

プロテインは100gあたり約350cal

つまり、600g摂るとカロリーは、約350cal×6=約2,100calになってしまいます。

HMB摂るのに約2,100cal摂取するのは正直きついですよね。

しかし、HMBサプリなら、HMBを3g摂るのに100calにも満たないものが多いです。
※種類によっては、約10calのものもあります。

単純な計算でも約2,000calの違いがあります。

女性は男性と比べると1日に摂れるカロリーが少ないです。

そのことを考慮すると、カロリーは重視すべき点と言えるので、女性はHMBサプリがおすすめです。






・女性は筋肉が付きにくい

女性は男性と比べると筋肉が付きにくい傾向があります。

例えば、男性と同じトレーニングをして同じプロテインを飲んでいても、女性は筋肉がつきにくいので男性と同じような効果は得られない可能性が大きいです。

となると、プロテインより効率が良いものを摂取する方が筋肉はつきやすいです。

なので、筋力増強促進、筋肉の分解抑制の効果があるHMBを多く摂れるサプリの方が効率が良いです。






・HMB以外の成分

HMBサプリにはHMB以外の成分が含まれている商品があります。

例えば、ダイエットをサポートする成分美容成分などが含まれていたりします。

プロテインでダイエットをサポートする成分や美容成分が含まれているものはあまり見かけないです。

筋力増強、筋肉の分解抑制の効果の他にダイエットや美容にも効果があれば、一石二鳥です。









HMBサプリおすすめ7選



HMB PREMIUM MUSCLE BODIA(HMBプレミアムマッスル ボディア)


HMBプレミアムマッスルボディア2



痩せながら筋肉をつけて引き締まったカラダを手に入れたい男性におすすめです。

HMBの他に

11種類の筋肉の構築を促す成分
4種類の筋疲労の回復を促す成分
11種類のダイエットサポートをしてくれる成分
1種類の体内に溜まった不要物の排出を促す成分

計27種類の成分が配合されているのが特徴です。

男性向けのHMBサプリでダイエットサポート成分が入っているのは珍しいです。

筋肉増強の他にダイエットを効率よくサポートしてくれます。

HMBは2,510㎎配合されています。

サプリ自体は錠剤タイプになっていますので外出時でも飲めます。

 
1袋:270粒(1日9粒目安で30日分)

購入プラン:3パターン
①HMBプレミアムマッスル ボディア 単品1袋
②HMBプレミアムマッスル ボディア 3袋+1袋サービスセット
③HMBプレミアムマッスル ボディア 定期お届けコース 


試してみたい方はプラン①で、ガッツリ使用する人はプラン②と③がベストです。


詳しくはこちらHMBプレミアムマッスル ボディア







CELLs Burning Cut(CELLsバーニングカット)


CELLsバーニングカット



痩せながら筋肉をつけて引き締まったカラダを手に入れたい男性におすすめです。


このサプリはハーバード大学医学大学院卒の医師が開発しているので、医師目線で考えられています。

糖質や脂質の抑制を促す3種類の成分
EAAを含めた11種類のスタミナサポート成分
アミノ酸の吸収を促進する成分、満腹感をサポートする成分の2種類のアメリカ特許成分配合


上記がこのサプリの特徴となっています。

HMBサプリの中で1番食事面について考えられているサプリです。

HMBは3,000㎎配合されています。

サプリ自体は錠剤タイプになっていますので外出時でも飲めます。

1袋:360粒(1日12粒目安で30日分)

購入プラン:2パターン
①CELLsバーニングカット 単品1袋
②日米No.1 BODY MAKEコース

試してみたい人はプラン①で、ガッツリ使用する人はプラン②がベストです。


詳しくはこちらバーニングカット






Coreslimmer(コアスリマー)


コアスリマー


仕事・家事で忙しいけどダイエットしてスタイルを良くしたい女性におすすめです。


HMBの他に7種類のダイエットサポート成分が配合されているのが特徴です。

7種類のダイエットサポート成分により、日常生活での消費エネルギーを効率よくしてくれます。

ダイエットサポート成分に麹酵素が含まれています。

酵素は年齢と共に減少していくものです。

減少すると消化・吸収能力が落ち、代謝が悪くなってしまいます。

麹酵素は消化・吸収能力を促進する効果があります。

HMBサプリで麹酵素が配合してあるのはCoreslimmerだけです。

HMBは2,000㎎配合されています。

サプリ自体はオレンジ風味の錠剤タイプなので、飲みやすくなっています。

1袋:120粒(1日4~8粒目安、1日4粒計算で30日分)
※効果を高めたい人は8粒目安

購入プラン:2パターン
①1袋ライトコース(定期)
②2袋集中コース(定期)


試しに使用したい人はプラン①で、ガッツリ効果を高めたい人はプラン②がベストです。


詳しくはこちら女性用HMBサプリ【コアスリマー】






HMB極ボディ


HMB極ボディ


しっかりと筋肉を付けたい男性におすすめです。


日本で初めてアメリカ特許取得成分で吸収を促進するアストラジンを配合しているのが特徴です。

アストラジンは摂取した栄養の吸収を促進してくれるので、HMBの吸収率もよくしてくれます。

また、2018年にはモンドセレクションで金賞を受賞したサプリです。

HMBは2,100㎎配合されています。

サプリ自体は錠剤タイプで、1日3粒目安になっています。

他のサプリと比べると飲む量は少ないので、何粒も飲みたくない人におすすめです。

1袋:90粒(1日3粒目安で30日分)

購入プラン:1パターン ①定期プラン 


詳しくはこちらHMB極ボディ





 
BULKUP HMB PRO(バルクアップHMBプロ)


バルクアッププロ2



しっかり筋肉をつけたいが、飲みやすい錠剤が良い男性におすすめです。


 BULKUP HMB PROはチョコレート味が特徴です。

男性向けのHMBサプリでチョコレート味は珍しいです。

プロテインは甘みがある味が多く、飲みやすいですが、1日必要分を摂取したら、約350~400cal程あります。

その分HMBサプリであればカロリーを抑えられます。

摂取カロリーは抑えたいが、甘味も感じたい人にはおすすめです。

サプリ自体は錠剤タイプです。

HMBは1粒で400㎎配合されており、5粒で2,000㎎、8粒で3,200㎎になります。

1袋:150粒(5粒で30日分、8粒で約18日分)
※効果を高めたい人は8粒目安

購入プラン:3パターン
①通常販売プラン(単品)
②3ヶ月特別本気プラン(定期)
③4ヶ月特別本気プラン(定期) 


試しに使用したい人はプラン①で、ガッツリ使用したい人はプラン②、③がベストです。


詳しくはこちらバルクアップHMBプロ【チョコレートタイプ】HMBサプリ部門で三冠獲得





 
BBB(トリプルビー) HMB


BBB2



女性らしいスタイルを目指したい人におすすめです。


HMBの他にクレアチンも配合しており、筋肉が落ちるのを抑制し、維持しやすくなります

また、ダイエットサポート成分、美容成分も配合されていることも特徴です。

数々の著名人のトレーナーを務めるカリスマトレーナーのAYAさんが監修しているので、女性のことを考えた配合になっています。

サプリ自体はブルーベリー味の顆粒タイプです。

水なしでも摂取できるものなので、錠剤が苦手な人におすすめです。

スティックタイプになっているので持ち運びに便利です。

そして、初回限定で6ヶ月の間、毎月内容が変わるAYAトレDVDが特典として付いてくるので、自宅でも効率の良いトレーニングができます。

1箱:30包(1日1包で30日分)

購入プラン:1パターン ①トクトクモニターコース(定期) 


詳しくはBBBはこちら





 
PERFECT PUMP PROTEIN(パーフェクトパンププロテイン)


パーフェクトパンププロテイン



すでにトレーニングをしており、とにかく筋肉を肥大させたい男性におすすめです。


大体のプロテインは、HMBが摂りづらいですが、PERFECT PUMP PROTEINはHMBが1,500㎎も配合してあるのが特徴です。

様々なアミノ酸が高配合されているので、普段からトレーニングをしっかり積んでいて、筋肉の肥大を目的にしている人に向いています

プロテインタイプなので、ダイエットをしたい、キレイなスタイルになりたい人にはあまり向いていません。

また、どちらかというと初心者向きでもありません

抹茶味とミックスベリー味があります。

1袋:1㎏

購入プラン:3パターン
①通常単品購入
②1ヶ月1個定期コース(定期)
③1ヶ月2個定期コース(定期) 


試しに使用したい人はプラン①で、ガッツリ使用したい人はプラン②、③がおすすめ


詳しくはこちら【パーフェクトパンププロテイン】







HMBサプリは効果ない?

ネットで「HMBは効果がない」という情報もありますが、その情報について考察していきます。

効果がないと言われるのは、2つ理由があると考えられます。

理由① 飲んでるだけでトレーニングしてない

飲めば効果があるっていうものではなく、HMBサプリもプロテインも基本トレーニングの効果を促進するものです。

つまり、トレーニングをしっかりやらないと効果は期待できません

トレーニングをやってない、少しトレーニングをやっただけでは効果を得ることは難しいでしょう。

逆にトレーニングをしっかりやった上で摂取していれば効果を得ることができます

もし効果が出ない人がいたら、自身のトレーニング状況がどうだったかしっかり見返すことが必要です。




理由② すでに筋肉が肥大している人(マッチョな人)は効果を感じにくい

トレーニング上級者はトレーニング量が多く、トレーニング期間が長いので、すでに筋肉が肥大しており、初心者のように効果が表れやすくはありません

また、キツい負荷にも慣れているのでトレーニング強度を上げないと筋肉の肥大が起こりにくいことも含めて、HMBの効果が感じにくいと考えられます。

しかし、効果が得られないわけではなく、長期間かけて摂取し、トレーニング強度を上げられれば効果が得られる可能性は高いでしょう。







HMBはダイエットとの相性抜群

上記でも書きましたが、HMBサプリはプロテインよりもカロリーが圧倒的に低いです。

HMBサプリの中にはダイエットサポート成分が配合されている商品もあり、それらを踏まえるとダイエットとの相性は抜群です。

ダイエットで食事制限をすることは必須です。

しかし、プロテインだと1日摂取カロリーが約350~400calもするので、きちんと制限できれば問題ありませんが、経験談からいうと正直ハードルが高いです。

ダイエット目的の人は、プロテインよりHMBサプリの方がやりやすいですので、おすすめです。







トレーニングにはHMB

ここまでHMBサプリを飲むメリットを説明しましたが、HMBサプリに消極的な思いを持っている方もいるかもしれません。

そんなアナタに考えてもらいたいことがあります。

例えば、アナタが会社でデスクワークしていて、効率良く仕事ができるなら、色々なシステムやサービスを利用しますよね

ダイエットやトレーニングも一緒です。

「効果がない」という情報に惑わされるかもしれませんが、ちゃんとトレーニングをすれば効果はあります

なので、効率を良くしたいのであればサプリなどを使用した方がいいです。

もちろんタダではありませんので、悩むと思いますが、購入することで覚悟が決まるということもあります。

本気でダイエットやトレーニングがしたいと思うなら、HMBサプリを使用するのは損ではないですよ。





ポチッと応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポチッと応援よろしくお願いします!!
↓  ↓  ↓  ↓

ダイエットランキング